口臭を悪くする食べ物は?

口臭の原因は口腔内にも胃にも存在し、どちらにしても食事が大きく影響を与えます。特に口臭がきつくなる食べ物というのも存在するため、もし人と会う約束をしている場合などは臭いの残る食べ物を避ける必要があります。そのため、まずは口臭がきつくなる代表的な食べ物を知っておくべきです。

まず皆さんがご存じと思われる代表的な口臭を発生させる食品と言えばにんにくでしょう。にんにくの臭気は胃からも立ち上ってくるため、食べた後に歯磨きや洗口剤で綺麗にすればいいと言うわけにはいきません。消化器から来る臭いは年齢や体調によって臭わなくなるまでの時間が大きく異なり、一晩以上かかることも珍しくないため、大事な約束などがある場合は前の晩でもにんにくは避けた方が無難です。他にはニンニクほどではないにせよ、タマネギ等のネギ属の植物はやや口臭が残るほか、体内でメタンを発生させるため便臭がやや強くなる、おならの量が増える等の問題もあります。

また口腔内の臭いを強める要素としては、口腔内の乾燥を招くものがあります。コーヒーや緑茶などのカフェインを多く含む飲料は口腔粘膜を刺激し乾燥を招きます。もちろんこれらを飲んでいる最中は口腔内が潤っている状態となりますが、飲んだ後はこまめに乾燥していないか確認するなり口をゆすいでリフレッシュさせるなりする必要があるでしょう。また本来は口腔内が唾液により弱アルカリ性に保たれていますが、これが大きく傾くような飲み物も口腔が乾燥後に雑菌の繁殖を招き口臭の原因となります。

Posted in 病気 | Leave a comment