胆石の投薬治療

もしも、胆石が見つかったとしても、具体的な症状が出ていなければ、積極的な治療はしません。経過を観察して、悪化しないように気をつけていくことになります。

しかし、激痛を伴う胆石発作が頻繁に起こる、などの場合は、治療しなければいけません。胆石のできる場所や状態によって、治療方法も異なりますが、比較的軽い症状なら、内服薬による治療もあります。炎症が見られたり、重症の場合は手術をします。

内服薬の治療は、経口胆石溶解剤を服用して、薬で胆石を溶かします。手術と違って胆嚢を取り除なくても良いと言うメリットがある反面、治療が長期間にわたると言うデメリットもあります。

症状により投薬期間も、6ヶ月から36ヶ月と大きな幅があり、30%ほどの効果しか期待できないとも言われています。なぜなら、この投薬治療は、コレステロール胆石には有効ですが、その他には効果が見られないからです。そして、胆石は、実際に取り出してみないと、どの種類なのか判断ができないのです。胆石の予防には肝機能を高めることも必要です。

肝機能を高めるには牡蠣に含まれるタウリンやしじみに含まれるオルニチンなどが有効ですが、どちらかといえばタウリンのほうが効果に優れており有効的です。

胆石の症状には痛みが伴いますから、経口胆石溶解剤と同時に、痛み止めも必要になります。ですから、投薬治療は、症状が軽く手術を望まない人にしか実施しないのです。

そして、胆石は、再発率が非常に高い疾患でもあります。投薬で一時的に良くなっても、再発の可能性がとても高く残ることになります。

手術で胆嚢を取り除けば、再発の心配はありません。どちらの治療法が良いかは、主治医とよく相談して決める必要があるでしょう。

Posted in 病気 | Leave a comment